法人プロフィール

設立趣旨

 これまで日本を支えてきた社会システムは、制度疲労をきたし、政治・経済・文化・生活なとのあらゆる分野で機能不全の状態に陥っています。一方で、公共は行政の独占物であるという時代は終焉を迎え、市民自身が“公益の担い手”であるという新しい公共性の考え方が根を張ろうとしています。
 NPO法が98年に施行され2年が経過し、NPO・市民活動団体は社会的存在として本格的な活動を始めようとしています。NPOセクターが社会システムの一つとしてさまさまな社会問題を解決し、他のセクターとのパートナーシップによって、より豊かで明るい地域社会の未来を築いていくためには、個々のNPO・市民活動団体がしっかりした基盤の上に自立していくことが必要です。
 NPO推進青森会議は、環境、福祉、まちづくり、社会教育、男女共同参画、市民参加などをテーマとしながら、広く市民活動を行う個人あるいは団体を対象に、市民活動団体の運営を担う人材の育成やネットワーク、パートナーシップの構築などの事業を行い、もって非営利の市民活動団体が発展するための社会的環境の整備に貢献していきたいと思います。

定款

こちらからご覧ください(PDFファイル)。
http://www.npo-aomori.jp/index/nac_teikan091004.pdf

役員

理事

※平成22年6月20日〜平成24年6月19日
●理事長 中村年春
●副理事長 上野茂樹、佐々木俊介
●常務理事 柳澤 泉
●理事 神 美孝、高木まゆみ、辻 悦子、堤 静子、飛嶋 献、中沢洋子、西山光子、山田里美

監事

※平成22年6月20日〜平成24年6月19日
相馬康穫、鳥越正美


特定非営利活動法人NPO推進青森会議 の仲間たちの日記

全員 › 日付順

  • 日付順

指定された記事はありません


医療 業務| 研究  試験| 財産  贈与|" 支出 給与| 住宅 控除| 譲渡 資産| 制度 事業| 税務  調査| 役員 割合 連結 金額| 会社設立| 住宅贈与| M&A| 期限後申告| 社福新会計| シニア起業| 事業承継| グループ法人| 医療法人設立| MS法人|