事務局から

「たすけあい」のこれまで

  〜通信45号の特集〜

あいの会は今年の10月で創立15周年を迎えます。
在宅サービス「たすけあい」を始めたのが、1991年。
この間、会費や利用料を変更するなど、
何度かシステムそのものを見直してきました。
利用する方が、もっと利用しやすく、
活動する人も、もっと気軽に参加できるように、
ということを思って進めてきたところです。

そこで15周年を迎えるこの秋、
あいの会の「通信」に、
今までのたすけあいの流れを振り返る
特集記事をつくります。


介護保険制度も大きく変化するなかで、
「これまでのたすけあい」から
「これからのたすけあい」を、
みなさんと一緒に考えたい特集です。

発行は、11月末の予定です。




あけましておめでとうございます

 新年あけまして、おめでとうございます。

 昨年の世相を表す漢字に「愛」が選ばれました。
また、各界で「アイちゃん」という愛称の女性も大活躍しました。
一方で、少年犯罪や児童殺人事件など「愛が足りない事件」が
多発したという意見も多く見受けられ、この字に決定したそうです。
まさに、北九州あいの会の「あい」の字でもあります。
ちなみに、一昨年は、様々な自然災害や人的災害から「災」
という字でした。

 今春、介護保険はあらたな局面を迎えます。
根本的にサービスの考え方を変え、「出来ないこと」をお手伝いするサービスから、「出来ることを増やし、どうしたら出来るようになるのか」への発想の転換です。
現在「出来ること」をどう維持させていくかが大切なものです。
私たちは、利用者ご本人の要望、ご家族の方々の要望、関わっていく私たちの願いを考え合わせ、「たすけあい」などを使って、
利用者の方々の立場にたって、今後も考えていきたいと思っています。

 この改革での「災」いを転じて福となすよう、いままで言い続けてきた「おたがいさま」と言える「愛」に包まれた地域づくりの活動をしていきたいと思っています。その意味では、今年の世相を表す漢字
として「互」の字が選ばれるような、地域でのつながりを大切にしていきます。
 
 今年も、どうぞよろしくお願いいたします。

 ブログもようやくスタートできました。
 ご意見ご感想などは、どうぞお気軽に
事務局までお寄せください。
(事務局:093−642−5316)

たすけあい通信51号を発行しました

野山も色づき、日一日と冬の気配が強くなってきました。

気温が下がり始めましたので、みなさま体調にくれぐれもお気をつけください。

早いもので今年も残すところ2ヶ月足らず。どこも厳しい情勢ではありますが、
これからもたすけあいの精神と、「ありがとう」「おかげさま」の気持ちを忘れずに、
・活動に取組んで行こうと思います。
これからもご支援とご協力をお願いいたします。


NPO法人 北九州あいの会 の仲間たちの日記

全員 › 日付順

  • 全員
  • 日付順

指定された記事はありません


納税 予定| 後継者 相続税| 建設 税制| 相続 譲渡| 金額 譲渡| 資産 価額| 給与 基準法| 契約書 印紙税| 宅地 居住|  | 配当 株式| 改正 戦略| 譲渡 続税| 法人 公益| 課税 期間| 住宅 控除| 給与  所得| 控除  債務|