特非)子どもの教育・生活支援「アニー基金」プロジェクト の新着情報

2006年09月14日

里親ファミリーホーム協議会

2006年8月26日 全国初の里親ファミリーホーム協議会が横浜会場にて開催されました。一部、毎日新聞の記事を掲載させていただきます。
【虐待を受けた子供らの受け皿は日本では9割が施設。家庭に近い同ホームは9都道府県市にしか公的助成制度がなく、里親らは国によるホームの制度化を訴える。里親らでつくる「里親ファミリーホーム全国連絡会」(広瀬タカ子会長)の主催で、約200人が参加。ファミリーホームには通常4〜7人の子供が生活しており、現在、全国36家庭で153人が暮らす。】
アニー基金の会員の早稲田大学助教授 川名はつ子先生の担当テーマ「里親ファミリーホームで育つ子供たち」という分科会に山中と日高が出席しました。
6人の里子の話を拝聴し、「里親と自立についてどう学んだのか」を勉強しました。その中で、里親の大学進学の反対で就職した21歳の女の子の声を聞きました。里子たちにとって「就職・進学の場面で、アニー基金が自分の自立に有効に使われる時がくる。」という事をたくさんの里子たちに知ってほしいと、川名先生と日高よりご説明させていただきました。


特非)子どもの教育・生活支援「アニー基金」プロジェクト の仲間たちの日記

全員 › 日付順

  • 全員
  • 日付順

指定された記事はありません


医療法人 基金| 事業承継 従業員| 医療法人 設立| グループ法人 譲渡| 譲渡 資産| 遺言 分割| グループ法人 範囲| 医療法人 設立| 不動産 譲渡| 相続 債務|