LSA支援センター

LSA支援センターの役割

●LSAのケーススタディの蓄積・共有を図ります

●LSAのケーススタディの蓄積・共有を図ります

’゜*;・.☆。.・;*゜’゜*;・.。☆。.・;*゜’゜*;・.。☆。.・;*゜’゜*;・.。

●営利企業や各種機関とLSA事業支援のための包括的提携を図ります

’゜*;・.☆。.・;*゜’゜*;・.。☆。.・;*゜’゜*;・.。☆。.・;*゜’゜*;・.。


●高齢者へのトータルサポートのための横断的NPOネットワークの構築を図ります

’゜*;・.☆。.・;*゜’゜*;・.。☆。.・;*゜’゜*;・.。☆。.・;*゜’゜*;・.。




◆NPO型LSA事業の提唱・推進


 LSA(ライフサポートアドバイザー)をご存知でしょうか?もともとは高齢者向け 公営住宅で入居者の生活相談等を担当する職員の意です。一部ではこの LSAの職域について発展的に捉え、地域福祉を担う新たな職能として注目す る機運もあります。LSAはいわば「地域と高齢者の繋ぎ役」。これは市民福祉 団体に期待されている大きな役割で、LSA支援センターではLSAをNPOにと って意義のある事業として考え、NPOの現状に即した方法論の開発、普及、 支援を図ります。


◆高齢者が自立して住み続けるために


 高齢者が戸建や賃貸住宅等に住み続けるには訪問介護のパートタイムサービ スだけでは補えない福祉ニーズがあります。訪問の時だけでなくもっと生活全般 を地域でフォローできたら・・・・・。理想ではありますが、このニーズに対応するの は容易ではありません。しかし、もしこれに応え、点から線へ、線から面への福祉 サービスを実現できたら、きっと高齢者が生涯自立して暮らしていける社会に大 きく貢献するはずです。


◆NPOだからこそできること。できるLSA



地域コミュニティ資源のコーディネーター

 LSAは自らが全てのケアを実行するサービスではありません。地域資源と高齢者 を繋ぐこと、さまざまな地域の顔見知りに囲まれ、時に支援され、“自立して生活 できる状態”をコーディネートすることです。NPOは地域の情報・人脈を豊富に持 っています。LSA事業の担い手としては最適な立場にあるといえます。

☆。.・;*゜’゜*;・.。☆。.・;*゜’゜*;・.。☆。’゜*;・.。☆。.・;*゜’゜*;


NPOのネットワークでトータルサポート

地域コミュニティと協力するだけでなくNPO同士の協力もLSAの貴重な資源です。 訪問介護、デイサービス、配食、移送、助け合い事業。単独のNPOで全ての事業 を提供するのはなかなか大変です。LSA事業を基盤としてNPOが地域で横断的 協力ができれば利用者に豊富な福祉サービスメニューを提示できます。


☆。.・;*゜’゜*;・.。☆。.・;*゜’゜*;・.。☆。’゜*;・.。☆。.・;*゜’゜*;

個性ある福祉事業の創出

 LSA支援センターではLSA事業を類型化、ケーススタディは蓄積し ますが、マニュアルやガイドラインはつくりません。必要とされるLSA は地域や担当NPOの特性によって全て異なると考えます。LSA支 援事業を利用しながら、各NPOが独自のLSA事業を創造していく のが本プロジェクトの基本スタンスです。


さっぽろ介護NPO支援ネット の仲間たちの日記

全員 › 日付順

  • 全員
  • 日付順

指定された記事はありません


災害 軽減| 業種 事業| 交換 資産| 試験 研究| 資産 市街地| 資産 業務| 事業 保育| 承継 相続税| 税務調査 遺産| 買換え 事業| 費用 処理| 税務調査に強い税理士ご紹介