設立趣旨/役員

設立趣旨

子どもの多様な文化活動を推進することにより子どもが豊かに育つ地域社会づくりをめざします

子どもの多様な文化活動を推進することにより子どもが豊かに育つ地域社会づくりをめざします

 特定非営利活動法人子ども文化ステーションは、子どもの多様な文化活動を推進することにより、次世代につながる先駆的な子育て・子育ちの地域環境と、子どもが豊かに育つ日本社会の創造をめざしていきます。

 今ほど、子どもたちの成長・発達環境が厳しくなっている時代はありません。
 家庭でも街の中でも、テレビ、ビデオ、ケータイ、パソコンなど電磁波と電子音、インターネットやニューメディアなどバーチャルな文化環境の中で、子どもたちの「からだ」と「こころ」の成長・発達は危機に瀕しています。
 また、社会・経済構造の変化にともなう所得格差や労働環境の厳しさ、生活のゆとりのなさ、モラルの低下は、社会全体に未来に対する閉塞感をうみ、子どもたちの原風景に暗い影を落としています。
 ゆったりとした時間の流れ、子どもの声を聴きとり、子どもが安心してゆだねられるようなゆとりある人間関係、子どもの成長・発達・自立を育む<文化的生活>が今ほど必要とされる時はありません。
 子どもたちは、年齢を超えた遊びや交流、心ゆさぶられる芸術・文化との出会い、自然の中で得られる“センス・オブ・ワンダー(驚き心)”、感動を分かち合う体験、他者との交流等を通して、人間や社会に対する想像力を獲得し、自己肯定感を育み感性豊かに育っていきます。
 1989年に国連で採択され、1994年に日本政府が批准した「子どもの権利に関する条約」では、第31条で、「休息・余暇、遊び・レクリエーション、文化的生活・芸術への参加」に関する権利が、<子どもの文化権>として提起されています。2001年には、わが国でも“文化権”を組み込んだ「文化芸術振興基本法」が制定され、文化・芸術活動の公共的性格が認知されました。
 “文明の衝突”といわれ、グローバル化のもと世界の民族対立が激しくなっている今、それぞれのアイデンティティを尊重しつつも、多様な価値観を認め、様々な民族が文化的共存をめざしていく上で、異文化交流の重要さも増しています。なかでも、文化活動を通したコミュニケーション、芸術活動が育む想像力に注目して、子どもの異文化交流をすすめていきます。
 私たちは、子ども・子育て・芸術文化を豊かにしてきたわが国の市民文化活動の経験を受け継ぎつつ、21世紀を迎えた今、子どもが社会の構成員として認知され、子どもとおとなのパートナーシップ、地域の諸団体、NPO、行政、企業などとのネットワーク・協働を通して、子どもがゆたかに育つ地域社会をつくっていきたいと考え、特定非営利活動法人子ども文化ステーションを設立します。

2005年10月24日設立
 

役員

●代表 

●代表 

武藤 定明
  (NPO法人子ども文化ステーション代表理事)
  (元NPO法人子ども劇場全国センター事務局長)

三島 由香
  (さいたま市子育て支援センターきた施設長)
  (元思徳幼稚園園長)

                         


                    ※王麗君思徳幼稚園園長と三島代表

 

●専務理事
土屋 美恵子
  (NPO法人保育サービスひまわりママ初代理事長)
  (武蔵野市議会議員)

●理事
今井 香理
  (元子育て支援センターさいたま北スタッフ)
  (元大森みのり幼稚園教諭)
椎名 裕子
  (上ノ原幼稚園副園長)
田部 眞樹子
  (NPO法人三重県子どもNPOサポートセンター理事長)
  (NPO法人チャイルドライン支援センター相談役)
羽田 礼子
  (NPO法人八王子チャイルドライン理事)
毛利 葉
  (とっとり県民活動活性化センター主任企画委員)

●監事
村瀬 哲也
  (コニカミノルタ株式会社)

●特別理事

王 麗君
  (中国内蒙古自治区・幼稚園園長)







                   ※上田埼玉県知事と両代表

            



      
      ※清水さいたま市長とミニさいたま初代市長と両代表

代表プロフィール

武藤定明

 岐阜県生まれ。国立金沢大学時代に子どもNPOの活動に参加。同大学工学部卒業後、トヨタG(株)豊田合成就職、同研究開発室配属。同退職後、岐阜子ども劇場協議会転職。岐阜県子ども劇場おやこ劇場協議会事務局長。全国子ども劇場おやこ劇場連絡会(1999年NPO法人子ども劇場全国センター)転職。同常務理事。同事務局長。2005年同退職後、NPO法人子ども文化ステーション設立に参加同専務理事。2006年同代表理事就任。2008年「子育て支援センターさいたま北」設立・運営。2009年「シアタースタート」商標登録取得。現在に至る。
 さいたま市市民活動推進委員会委員、埼玉県NPO活動促進助成運営委員会委員、埼玉県芸術文化祭企画委員会委員、埼玉県農との共生田園都市豊かなくらし満喫事業審査会審査員、埼玉県文化ともしび賞選考委員会委員等歴任。
 特別講師として講義:大東文化大学、埼玉大学、聖学院大学、跡見学園女子大学、中国・内蒙古電子大学校等。

三島由香

 1996年学校法人秋本学園浦和つくし幼稚園教諭。2001年同退職後、中国に渡り内蒙古自治区呼和浩特市・思徳幼稚園設立に参加。同園長。2003年帰国、NPO法人NPO事業サポートセンター及びNPO法人子ども劇場全国センタースタッフを経て、2005年NPO法人子ども文化ステーション設立に参加。同代表理事。2008年子育て支援センターさいたま北施設長(2016年名称変更:子育て支援センターきた)。現在に至る。
 さいたま市子ども総合センター基本構想策定委員会委員、同基本計画策定委員会委員、さいたま市市民活動推進委員会委員、さいたま市市民活動サポートセンター運営協議会委員等歴任。

                    


特定非営利活動法人 子ども文化ステーション の仲間たちの日記

全員 › 日付順

  • 全員
  • 日付順

指定された記事はありません


少年サッカー