ふぼれんの会則

OTA子育て支援ネットふぼれん 大田区保育園・児童館父母の会連合会会則

第1条【名称】 この会は、OTA子育て支援ネットふぼれん 大田区保育園・児童館父母の会連合会と呼称します。(略称・大田区ふぼれん)
 
第2条【構成】 この会は、会の目的に賛同する団体および個人で構成します。
 
第3条【入会】 この会の目的に賛同する団体および個人は、入会の意思を運営委員会に伝え、承認を受けたのち会員となります。
 
第4条【目的】 この会は、考え方の違いを認めあい尊重し、運営にあたるすべての人がひかり輝くことをめざします。だれもがゆとりをもって、安心して子どもを産み育て働き続けられることと、子どもたちが毎日を楽しく、心ゆたかに生きいきと力強く育つことのできる大田区をつくるための活動を行います。また新しい形、成熟した市民社会を創造するための活動と情報の発信を行います。
? 乳幼児家庭に対する子育て子育ち支援とそのグループづくり支援、および子ども家庭支援センターとの連携。
? 保育園・児童館など親子が集う施設での、父母の会づくりとその活動支援。
? 安心して働き続けられるための、関連施設の運営改善活動の推進。
? 小規模家庭型保育園の研究とその運営支援。
? 児童館・学童保育の研究と改善提案活動の推進。
? 幼稚園・小学校・中学校問題の研究と、PTAとの連携。
? 保育・教育の質的向上および子育て・子育ちに関する研究と、研究機関・研究者との連携。
? 保育・教育施設および事業者との連携。
? 障害のある子どもの人権擁護と障害児家庭支援および共生社会の確立と推進。
? 男女平等・男女共生社会の実現と具体的課題実現のための活動の推進。
? 行政とのパートナーシップと協働の推進。
? 区議会改革の推進と区議会議員との連携。
 
第5条【組織】 この会は、総会・運営委員会・事務局・相談役会・部会・小委員会などの諸機構を設置するとともに、会長・副会長・事務局長・事務局次長・財政部長・会計監査などの役職をおきます。
 
第6条【運営委員会】 運営委員会は、総会で承認された運営委員・事務局員および相談役で構成され、会の方針を作成・執行します。またこのなかから、会長・副会長を選出します。運営委員会は、次期の運営委員・事務局員および相談役を推薦し、総会に提案します
 
第7条【事務局】 事務局は、総会で承認された事務局員で構成され、会の日常の実務および運営を行います。またこのなかから、事務局長・事務局次長・財政部長を選出し、運営委員会の承認を受けます。
 
第8条【相談役会・部会・小委員会】 会の日常の活動を円滑にすすめるために、相談役会・部会・小委員会など必要に応じた部署を設置・開催します。
 
第9条【HPおよびメール】 大田区ふぼれんHPおよびメーリングリストの管理・運営は細則に基づいて事務局が行います。
 
第10条【総会】 総会は、会の最高の議決機関で年1回以上必要に応じて開催します。総会の招集は運営委員会が行います。総会では1年間の活動および財政報告、活動方針および予算の提案、会則の改正などを行います。また運営委員会より推薦のあった、運営委員・事務局員・相談役の承認を行います。
 
第11条【決議】 会の日常に必要な決議は運営委員会で、また重要な決議は総会で行います。会の決議は全会一致を原則とします。ただし賛否が分かれた場合は、出席者の3分の2以上の賛同が必要です。
 
第12条【会費および相談料】
? 団体加入の場合、200円×世帯数です。(4月1日現在の世帯数)
? 個人加入の場合、メール加入の場合、相談料とも2000円です。
? 賛助会員の会費は一口年額2万円です。
それぞれ10月31日までが納入期限です。
会計年度は4月1日より翌年の3月31日までです。
 
※この会則は2005年5月1日より施行されます。(活動年度は5月1日から翌年の4月30日までです。)
※会費等の振込先は、「郵便局 電信振込口座 10130−32500421」


OTA子育て支援ネットふぼれん の仲間たちの日記

全員 › 日付順

  • 全員
  • 日付順

指定された記事はありません


一般社団・財団がわかるDVD | 医療 税理士 医院 開業 | M&A 税理士 | 女性 税理士
相続・贈与 | 経理のアウトソーシング | 社団 財団 税理士 | 企業再生 税理士
事業承継 税理士 | 医療法人 税理士 | 賃貸マンション管理業 税理士 | 税務調査 税理士 | 飲食業 税理士