最新情報

第15回シルバー創作展

「昆虫標本」出展

平成18年7月29日〜8月3日シルバー創作展 主催仙台市健康福祉事業団に「昆虫標本」を出展しました。審査の結果佳作入賞。

國際センター祭り

18年の祭りに参加日本の伝統竹とんぼを披露

9月18日敬老の日あいにくの雨。毎年敬老の日は國際センター祭りです。仙台市に住む外国の人々に日本の伝統を見てもらう祭りです。私は日本の伝統である竹とんぼ遊びを伝承しました。
竹とんぼ40本。カラカラ5本。犬の知恵の輪4本販売。

06,9,21趣味の会例会

一名新加入あり。14名参加

今月は第2木曜日都合により第4木曜に変更となる。
OB会成田民男さん加入した。今日から秋の彼岸のため参加者少数と見込んだところ、14名の参加者あり。話によると春の彼岸はほとんど墓参りするが秋は必ず墓参をする人は少ないとの事?
今月の作品は、昆虫のカマキリを作成します。カマキリの工程が複雑なため完成者は無く、来週仕上げとなる。
懇談会の話題は先日のNHKTV出演の思い出話に終始し。
9月30日{仙台市シニアいきいき祭り」のバザーの品物寄付のお願いをした。

9,28今月の課題カミキリ

カミキリの画像

二人の息子の指導でようやく写真加工の操作を習得しました。その効果です。

06,9,27 環境國際交流ワークショップin仙台に参加

環境にやさしい日本の文化体験コーナーで竹とんぼ披露

平成18年9月27日仙台メデアテーク一階オープンスクエアにおいて環境國際交流ワークショプin仙台が開催されました。
その予告号によると、地球環境について学びたい外国人の方、日本人の方、是非ご来場下さい。会場では英語、中国語、韓国語通訳ボランテアがお手伝いします。とのパンフが送られて参りました。
我が竹細工趣味の会に「竹とんぼ」を、日本の文化を体験コーナーで披露することになりました。折角の機会ですので、竹とんぼ、けんだま、知恵の輪を体験して貰いました。竹とんぼ作成には一人参加、飛ばし遊びには30人の参加がありました。竹製のけんだまは大変珍しく大勢の方々が手にしておりました。予想外に知恵の輪が好評でした。知恵の輪に挑戦してリタイヤ組が悔しく家でやるから譲り受けたいと申し出るほどでした。
想定外の出来事は、3歳の娘に「竹馬」で遊ばせたいので是非竹馬を作成して貰いたいと、竹馬の注文を受けました。
國際交流大成功満足の一日でした。

9,30ワークショプその後
竹馬注文した方がお友達に竹馬の宣伝をしたようです。その結果お友達が6人から竹馬の注文がありました。その内の一人が我が家の竹林の竹を提供しますとの事でしたが竹林のあるところはなんと仙台から30キロ離れた石巻との事ですのであまり遠いので丁重にお断りしました。そのお母さんは、竹細工に非常に関心があり竹馬を作成している現場を子供に是非見せたいとの事でした。
私は子供に昔遊びを伝承する事が最終目的であるので喜んでお母さんの申し入れを受け入れました。
その会場選びが問題です。私は作成には自信ありますが人集めや会場選びの裏方さんにはどうも。これも竹細工の範疇と思い頑張ります。
  

9,30シニアいきいきまつり参加

バザー竹細工製品好評

第10回仙台市高齢者生きがい健康祭り
シニアいきいきまつりに竹細工趣味の会も参加しました。参加作品は今年一年作成した竹細工製品、花器、一輪差し、鳥かご、けんだま、花台、おしぼり置、ガリガリ、竹とんぼ、カラカラ、智恵の輪などを展示しました。本日は好天に恵まれ人の出も多く全般的に賑やかなイベントでした。
我が、竹細工趣味の会のブースの売り上げも好評で楽しく忙しく展示作品は完売です。想定外の好評作品は、知恵の輪でした。興味を示したお客さんは中年女性でした。知恵の輪の輪のとり方を教えて欲しいとの申し入れがありましたが「種」は明けられませんと断りどうしても知恵の輪の輪が取れないときは、来年ここで販売しましからそのとき教えいたします。来年来てくださいとの言葉がお客さんに受け、20個の知恵の輪が早々に完売しました。
また、想定外の出来事として竹細工趣味の会に入会申込者三名ありました。竹細工趣味の会の魅力ここにあり。わが意を得たりと今日は誠に有意義な一日でありました。

10月7日 竹馬好評注文殺到

合計15組注文あり

環境國際交流ワークショップ以来竹馬の注文が殺到しております。10月7日現在15組の注文がありました。
注文した父兄特にお母さん達が熱心で竹馬を作成している工程とその現場を子供に見学させたいとの申し出がありました。
私は子供達に昔遊びの伝承交流を最終目的にしているので子供達に見学して貰う事は大賛成です。
会場として仙台福祉プラザが最適であるが見学予定日10月15日、22日の日曜日は空部屋なし、躊余の策としてマンションの集会室を借用する事にした。今まで集会室の使用は総会と理事会の他に使用した事がないようなので借用に遠慮していたが、今回は止むを得ず集会室を使用する事にした。見学会を二回にした理由は漢学の人数の関係です。集会室は15名が限度であるためです。

10,11
ポイントリーダー会議
ポイントリーダー会議は毎月第一水曜日であるが、今月は小林事務局長の都合で一週間遅れの今日実施した。
9月30日のシニアいきいき祭りのバザー好評の報告、9月27日國際環境交流フイスバル参加、その際竹馬の注文の報告をした。
10.15(日)
竹馬10組販売。注文の竹馬本日家族の見学予定のところ大半の家族に都合悪く見学中止。実演取りやめ代表の一家族だけ来訪。取り敢えず10組販売。竹細工に大変興味があり、私の竹とんぼ人生を一時間にわたり披露した。

12月12日小学校縄細工指導

縄綯い。しめ縄作り。

小学校5年生2クラス、75名。縄作り始めての子供たちばかり、一時間縄作りをしたところ何とか縄が出来ました。2時間目にようやく今日の本番しめ縄作り開始。
一時間後は、輪通しが出来ました。校長室でご馳走になり本日の指導終了。

2007,2,25
第3回うれし楽し蔵deひなまつりに参加
昔のものや珍しいもの、手作りや思いであふれるもの、などなどのお雛様募集がありましたので私の竹細工、竹雛六段飾りを展示いたしました。
場所は河原町仙南堂薬店。期間3月1日〜7日

2007,1,11
仙台市立長町南小学校藁細工指導
本年の初仕事藁細工藁綯いを指導しました。5年生120名。藁すぐり。藁打ち。縄綯い。PM1:00〜3:00まで。指導の前の準備が大変である。藁打ちの用の木きづ、藁すぐり用の熊手の確保。
何とか無事終了しました。


12月16日(土)今日は西多賀小学校「お父さんの会」主催しめ縄作りの指導依頼されました。総勢35名何とか、しめ縄が完成。搗き立てのお餅を戴きました。

新聞社の取材ありました。

七夕の竹輝き再び

竹細工趣味の会活動現場に6月12日河北新報社の剱持記者が取材に来ました。2時間ほど取材してくれました。その際竹細工の材料である竹は仙台七夕の竹を竹細工に再利用している事に大変興味を示した様子でした。
 それから2カ月後の8月15日の夕刊に掲載されました。「七夕の輝き再び」「えと人形やひな飾りに変身」
「まつり後処分もったいない竹細工に再利用」「仙台・お年寄りらの「趣味の会」写真入の特大ニユースの記事が掲載されました。


WAC仙台竹細工趣味の会 の仲間たちの日記

全員 › 日付順

  • 全員
  • 日付順

指定された記事はありません


法人 設立| 農地 猶予| 分割 法人| 基金 負担金| マイホーム 価額| 資産 譲渡| 損害 賠償金| 必要経費 交際費| 会社 相続| 有価証券 価額| 法人 基金| 金額 事業| 猶予 納税| 農地 改正| 住宅 課税| マイホーム 譲渡| 金額 資産| 契約 保険|